ニュージーランド日誌 第3日目 オークランド中心部散策

宿の外観。
映画で見るモーテルっていう感じでテンションが上がった。
今日は車を残して電車でオークランドの中心部を散策する。
不在の間にFBIの捜査官が室内を捜索して何か見つけるパターンである。

宿の最寄り駅。
機関車トーマスに出て来そうなシンプルな駅である。
駅の案内表示。日本の案内と同じような感じで雰囲気で理解できる。
オークランドの電車。スズメバチっぽい。
海洋博物館
覗き込んでいるカモメがかわいい
「ニュージーランドへ行って豊かになろう」みたいなやつ
「勝ち組か?負け組か?君はどっち?ニュージーランド移住ガチャ」
“ニュージーランドへの移住はギャンブル”というストレートな表現。
ニュージーランドに向かう1840年代の船室を再現した部屋で、部屋全体が本当に揺れている。
モニタやプロジェクターで船内での暮らしが投影されている。
「具合が悪い」「あとどれぐらいなんだ」とか言っててとても大変そうだった。
アメリカズカップの展示。
残念ながら83年のYoOizumiに関する展示は見当たらなかった。
ニュージーランドの海の家
おしゃれ
街中で寿司屋をよく見かけた。
自動車保険
また寿司屋
東京ドライ(しなさい)
東京DRAY(ドライ)
アサヒ極度乾燥
古本屋
木の伸び方がロード・オブ・ザ・リング(謎)
樹齢は何年ぐらいなんだろうか。
これがダイソーだ!
1つ3.5ドルなので245円ぐらいショップ?
鉄道が便利になる系の工事

朝からの雨は海洋博物館を出るころにはやんでいました。
土産物屋で絵葉書を買ったり、大きな公園をウロウロして、コミックストアやゲームセンター、ダイソーを覗いたりしました。
ちょうど大学の卒業式だったのか公園では「卒業したぜ!」みたいな学生とそれを見に来た親でにぎわっていて写真を撮ったりしていました。
ほとんど中国人でした。
コミックストアはコミックやボードゲーム、ガンプラやフィギュアなど品揃えは秋葉原ですが、シックな雰囲気でかっこよかったです。(ビックバンセオリーのスチュアートの店みたいでテンションが上がった。)

往路は少し宿からは離れるが手前の駅で降りてみた。
りんごをそうやって食べる人って本当にいるんだ!と感動した。
駅前の様子。欧米のアパートっていう感じ。
コカ・コーラ専門店かと思うぐらい赤い店
ハワイかってぐらい虹がしょっちゅう発生した。
住宅街の中の公園。ウサギを外に出さないための設備。
とても広い。
眺めが良い。
「公園を突っ切ったら近道じゃん!」と思って足を踏み入れたがあまり近道ではかった。
「テレタビーズ199X」
水道施設が収容されている丘っぽい。
…よくみたらMt.Habsonって書いてある。山じゃん。
反対側にはウサギ対策設備はなかった。
また虹が。
朝の駅に戻って来た。
宿の近くにあった模型店。
「OPEN」のサインは点灯しているが既にCLOSE…(残念)
夕食はスーパーで調達し宿で。
メインディッシュのローストポーク(まぁまぁおいしい)
本日のサラダ「ソバヌードルサラダ」(あまりおいしくない)
祖国のラーメン(ありがたい)

明日からは「ニュージーランド縦断1000km!クライストチャーチに向け決死のドライブ」が始まります。