ハートロック4th (2013) 「衛星電話と村」

参加された皆様、お疲れ様でした。
アホガニスタンより無事に帰国いたしました。

今回は某公共放送テレビで参加いたしました。
前々回に続き一緒に参加した海上氏は某通信社の記者という設定ですが、
途中から公共放送の記者として運用してました。

やはり、テレビ局をやるなら2人以上がやりやすいですね。
ビデオカメラが今回からvx2000になり飛躍的に機材レベルが向上しました。
「画的にあった方がいいかなぁ」ぐらいの気持ちでアマゾンで1200円のマイクを買って言ったのですが、予想に反しマイクが活躍。
レポートやインタビューではやはりマイクを使った方が音がよく取れますね。
小道具として使うつもりで、実際にカメラとつなぐことをそれほど考えていなかったので、次回までに音声レベルの調整などを少し勉強しておこうかなと思います。

現地では「ブログ見てます」とか「動画楽しみにしてます」とか、声をかけていただうれしいやらありがたいやらです。

今回は個人的な印象としては“村元年”。
アブジャブ村とシャリマール村の2つが建設され、片方はゲリラの拠点、片方はマーケットと特色もあり、世界観が深まった気がしましたね

今回より導入された衛星電話で本社へ報告を入れる筆者

エアロ・カローラ6077便、アホガン国際空港にて